150リカーブクロスボウ組立(150A2)

リカーブクロスボウの組立についてです。
最近よく組立を頼まれますが、できるならご自分で組立されることをおすすめいたします。
クロスボウは使用していたら必ず弦がきれます。
また弦だけでなくさまざまな面でメンテナンスを必要とします。
したがって組み立てくらいはご自分で行い最低限の仕組みを理解しメンテナンスされるほうがよいと考えます。

ここでは150A2リカーブクロスボウを例に取り本体部分のみ(スコープ・ショルダーベルトなどの付属品は別)の組立を紹介いたします。

はっきりいって簡単です。いや単純です。
というもの既にほとんど組み立てられています。
足をかける部品、弓を取り付け弦を張れば本体は完成です。

※クリックすると画像は巨大化!しますので見やすくなります。

1、弓の取り付けには下記のような部品が含まれています。
150A2クロスボウ

2、まずはフットスティラップを取り付けます。
後でもいいのですが、弓を取り付ける前の方が弓が邪魔にならず付けやすいです。
2本のネジで取り付けます。
クロスボウフットスティラップ取り付け

3、現在150A2のラバーパットには両面テープが付いています。
これを剥いでメタルパットと本体に接着します。
ちなみに両面テープは付いていないものもあります。
クロスボウ両面テープ

4、ラバーパットの裏面(くぼみのない方)に貼り付けます。
ラバーパット貼り付け

5、もう一つのラバーパットは本体に貼り付けます。
ラバーパット本体貼り付け

6、上下の向きに注意して本体に弓を挿入します。
ラバーパット貼り付けたメタルパットをその上において中心を見ながらマウントスクリューを締めていきます。弓をラバーパットで挟むように取り付けます。
弓取り付け

7、弓の両端にリムチップをつけます。絶対に手で押し込んでください。
物で叩き込んだ入りすると組み立てて発射した後に割れやすくなります。
しっかり奥まで押し込みます。
リムチップ取り付け

8、いよいよ弦をかけます。弦のかけ方はいろんな方法がありますが、これが一番苦労します。
弦をかける

9、メンテナンス補助弦を使用しての取り付けはこちらを参考にしてください。
メンテナンス補助弦

10、弦を取り付けたら完成です。
クロスボウ組立完成

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード