180折り畳み式組立

リカーブクロスボウの組立についてです。
最近よく組立を頼まれますが、できるならご自分で組立されることをおすすめいたします。
クロスボウは使用していたら必ず弦がきれます。
また弦だけでなくさまざまな面でメンテナンスを必要とします。
したがって組み立てくらいはご自分で行い最低限の仕組みを理解しメンテナンスされるほうがよいと考えます。

ここでは弦を外すことにより折り畳みが可能なフォールディングタイプのクロスボウの組立です。

※クリックすると画像は巨大化!しますので見やすくなります。

 

1、下記のような部品が入っています。

2、リムは開くとこうなります。この状態でネジ止めをするだけです。
180ポンドクロスボウ組み立て

3、取付ボルトです入れる順番に置いています。
180クロスボウ ネジ

4、ボルトを本体に通して最後にスプリングワッシャ・ナットを入れます。
180ボルト取り付け

5、付属のレンチでしっかり締め付けます。供回りする場合は反対側のナットにメガネレンチなどをかませて締めこみます。
180フォールディングクロスボウボルト締め

6、弓の両端にリムチップをつけます。絶対に手で押し込んでください。
物で叩き込んだ入りすると組み立てて発射した後に割れやすくなります。
しっかり奥まで押し込みます。
リムチップ取り付け

7、弦を取り付けますが、取り付けの方法はいろいろあります。一人で行う場合は「弦を一人で張る・・・」を参考にしてください。

8、弦を取り付けたら完成です。
180クロスボウ完成

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード