200A1クロスボウ組立

200A1の組立は非常に楽です。
その理由は弦は元々張った状態で販売されています。
リカーブクロスボウの組立で一番苦労する部分が既に出来上がっています。
楽ですね!
また、弦を外さずに弓の取り外しが出来るため保管や持ち運びも楽です!

200A2も同じです。

※クリックすると画像は巨大化!しますので見やすくなります。

 

1、組立に必要な部品(既に弦が張ってある)
200A1クロスボウ

2、弓を取り付けるため元々付いているボルト外します。
弓の取り付け

3、反対側もボルトを外すとこのように弓が下から入れられるようになります。
弓の取り付け

4、弦は上に回して弓をこの隙間から入れます。

5、ラバーパットを予め貼り付けておきます。貼り付け前
ラバーパッド

6、貼り付けました。
ラバーパッド貼り付け

7、フットスティラップ(足掛け)を取り付けます。
フットスティラップ

8、両側2本ずつボルトを止めます。


9、先ほどラバーパッドを張ったメタルパーツを弓を挟むようにいれます。
メタルパーツ取り付け

10、マウントスクリューを締めこんで弓を固定します。
マウントスクリュー締め込み

11、フロントサイトは最初から付いていますのでリヤサイトのみ取り付けます。
スライドして押し込むだけです。

12、完成です!
200A1クロスボウ完成

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード