60クロスボウ組立

リカーブクロスボウの組立についてです。
最近よく組立を頼まれますが、できるならご自分で組立されることをおすすめいたします。
クロスボウは使用していたら必ず弦がきれます。
また弦だけでなくさまざまな面でメンテナンスを必要とします。
したがって組み立てくらいはご自分で行い最低限の仕組みを理解しメンテナンスされるほうがよいと考えます。

ここではフルサイズで最もポンド数の低い60ポンドクロスボウの組立を紹介いたします。

はっきりいって簡単です。いや単純です。
というもの既にほとんど組み立てられています。
足をかける部品、弓を取り付け弦を張れば本体は完成です。

※クリックすると画像は巨大化!しますので見やすくなります。

1、弓の取り付けには下記のような部品が含まれています。
クロスボウ部品一覧

2、フットスティラップ取り付けのため写真のネジを緩めます。
反対側にもあります。
クロスボウ組立

3、写真のネジは完全に外しここにフットスティラップを取り付けます。
反対側にもあります。
クロスボウ組立

4、隙間から挿入しネジ穴にあわせます。
クロスボウ組立

5、外したネジを完全に締め付けます。4本とも締め付けます。
取り付け完了です。
クロスボウ組立

6、上からメタルパッド、ラバーパット、弓ラバーパットの順で並べて本体の取り付け部に挿入します。
クロスボウ組立

7、センターを見ながらずれないようにマウントスクリューを締め付けていきます。
クロスボウ組立

8、片側に弦をかけて弓を大きく曲げて弦をかけます。出来れば2~3人で作業したほうが良いです。片側だけ大きく曲げすぎると弓が折れますので注意が必要です。
クロスボウ弦をかける

9、完成です!
クロスボウ完成

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード