弦を一人で張る(ベルト編)

こちらも正統派ではないですが、一人で弦を貼る事ができます。

リカーブフルサイズクロスボウの組み立ては非常に単純ですが、唯一弦を弓にかける作業が非常に苦労します。

ベルトを外す際に怪我をしないように十分注意してください。

リムの両端にベルトをかけてストックへ写真のように回して締め上げていきます。
そのまま締め上げると片弓に負担が大きくなりますのでベルトずらしながら少しずつ締めていきます。
写真ではフックをそのままかけていますが、できればリムに傷がつかないようにベルトを回したり、クッション性の良いものをはさみこむようにしてください。
あとは弦が届くまで締めてから弦を取り付けて外せば完成です。

ピストルクロスボウも補助弦がないため同様の方法で取り付け可能です。
写真は80A4AL コッキングタイプ
そのままではベルトが長すぎるためリムに巻きつけています。
外したときにちゃんとベルトが取れるように考えてセットしないと後で泣きます。
クロスボウ組立

少し締め付ければほら!もう弦が届きます。
クロスボウに弦をかける

ベルトもちゃんと取れました。
弦を張り終わり クロスボウ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード