コッキングクロー交換(テンポイント)

コッキングクローは巻上式のセルフコッキングでコッキング時に既に根元まで引いているのに巻上をしすぎた場合などに割れてしまうことがあります。

注意していればそう壊すことはありません。

 

テンポイントの巻上式コッキングクロー及びロープの交換です。
参考にしてください。

※クリックすると画像は巨大化!しますので見やすくなります。

1、コッキングしすぎるとこのように折れてしまうことがあります。
コッキングクロー

2、コッキングメカのカバーを外すため止めてある2本のネジを外します。
カバーを外す

3、外れました。
カバーはずれた

4、反対側も外します。
カバーを外す

5、コードを全部引き出します。
コードを引き出す

6、このボルトでコードが止まっています。
コードとまっている位置

7、新しいコッキングクローです。コード付での販売となっています。
コッキングクロー

8、コードを全部出した状態になってロックしていますが、ロックが取れないように紐でロックパーツを抑えて作業終了までこの状態を保持します。
ロックを止める

9、六角レンチで紐の固定を外し紐を取り去ります。
紐外す

10、新しい紐を元の紐と同じ様に通します。
紐を通す

11、新しいパーツの紐の端に結び目を付けて取れにくくします。
紐

11、元のように紐を通してネジで再び締め付けます。
紐固定

12、反対側も同じ様に固定します。
紐

13、取り付けました。元の紐も写ってて分りにくいですね・・・
紐取り付け完了

14、ロック部分を固定していた紐を外しカバーを戻します。
カバー戻す

15、取り外しの逆の手順なんで分りますね。ネジで固定します。
ちなみにこのネジはバチッと締まりません。締めすぎに注意してください。
両側つけたら作業は完了です!
取り付け

16、コッキングのテストです。初めは慎重に・・・
問題なさそうです。
テンポイントクロスボウコッキング

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード