テンポイントコッキングデバイス交換

テンポイントクロスボウのコッキングデバイスの交換です。

故障により交換が必要な場合は丸ごと替えるのが簡単で、しかも分解しないのでトラブルを起こしにくいです。

※画像はクリックすると拡大します。

コッキングデバイスのカバーが止まっているネジを外します左右2本づつ止まっています。

外すとこんな感じです。新しいコッキングデバイスと比較してどこがどう止まっているか確認します。

いよいよ本体を外します。4本止まっているネジを完全に外してしまいます。シルバーの筒に止まっているボルト4本です。

外しました。どこを外すかわからない方は写真を拡大してみてください。1本はコッキング紐を支える金具が通っています。

紐を完全に出し切ると写真の部分にボルトがあります。これを外すと左右が分解しコッキングデバイスが外れます。

外しました。これ以上分解する必要ないためこのまま外したまま元通りに戻していきます。

いよいよ新しいコッキングデバイスの番です。先ほど外したものと同じようにバラしていきます。

コッキング紐を引いてネジを探しますが、今度は引いたらそれが戻らないように手で押さえたりテープやひもなどで止めます。これをしておくと後で楽です。
全開に引き出して止めておきます。

その状態でボルトを外します。

ボルトをとると外れます。

ここまで外したら後は本体に通して元通りにするだけです。

本体に通しました。

紐の巻き取り部分も同じように元に戻してネジで止めます。

ここまで来れば先ほど引っ張って止めていた紐を元に戻してもかまいません。

先ほど外したボルト元のように取りつけます。

この1本は部品が付いているので注意して戻してください。

 

左右のバランスを見ながら完全に固定します。固定は左右に3本づつ付いているボルトを締めつけます。指をさしている部分はそのうちの一本です。

今回向かって右側のボルトは既に閉められていたため、左側を閉めただけでほどんどまっすぐいい状態になりました。必ずしもそうとは限りませんので斜めになっていないか、左右どちらかに著しく片寄っていないか確認は必要です。

固定が終わったら元ついていたケースをつけて終わりです。

左右この2本のネジでとまっていました。

 

実際にコッキングを行って問題なければこれで終了です。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード