弦はねじった方が良い?

お客様が組み立てたクロスボウを拝見させていただいた際に異様に弦をねじって取り付けている物があります。
個々の考えがあるため余計な指摘はしませんが、とにかくねじった方がよいと勘違いされている方もいるようです。
これはおそらくスポーツアーチェリーなどをしている方がねじりをいれて弦を組むためだと思いますが、クロスボウも一概に同じとは言えません。
アーチェリーとは弦の長さが全く異なりますし、アーチェリーの弦はもともとねじった上での長さで適合するように設計されています。
クロスボウではむしろねじりすぎにより弦が切れやすくなることもあります。

新品の組立済みクロスボウを見てみると・・・

PerfectLine → ほぼねじりなし

ManKung → ほぼねじりなし

TENPOINT → 若干のねじりあり

BERNETT → 若干のねじりあり 機種によってはほとんど無し

とメーカーも出荷時から大きくねじりを入れているものはありません。
↓クリックすると拡大します。
クロスボウ弦のねじり

全くねじりを入れないより多少入れたほうが弦のかかる負担が分散されよいと思いますが、150ポンドクロスボウで耐久性を見たところ全くねじっていないものより多くねじったものの方が早く切れてしまいました。もちろん弦の個々の耐久性品質のバラツキが考えられますので何十回も試さなくては分らない部分もありますが、ねじりすぎは弦が短くなり弦自体に大きな負担がかかり寿命を縮める可能性があることは間違いなさそうです。

50・80ポンドで5回程度
150ポンドクラスの長い弦でも10回程度にとどめておいた方がよいかもしれません。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード