弦を一人で張る(裏技編)

クロスボウの組立またはメンテナンスで一番苦労するのが弦を張る作業です。

ここでは通常一人ではなかなか難しい弦をはる作業を短時間で簡単に行う裏技を紹介します。
ただし、本来の方法ではありませんの行い方によっては弦や弓を破損する可能性もありますので自己責任でお願い致します。
慣れれば、破損する可能性はほぼありません。また弦の脱着が簡単にできます。

同じ様に両弓を荷締めベルトで締める方法もありますが、それよりも手軽で早く片弓は自重で曲げるので弦の取り付け具合を調整しながらできます。

ただし下記に注意ください。

1、本体がアルミのクロスボウでのみ行えます。プラスチックのクロスボウは本体が曲がりますので行わないでください。

2、弦を強い力で弓を固定しますので使用する道具によっては危険な場合があります。

3、弓を強く曲げすぎると破損する可能性があります。少しずつ曲げながら最小限で試してください。

4、通常の組立方法より手軽で簡単に一人でできますが、破損のリスクも大きくないまります。そこは肝に命じて自己責任でお願い致します。

5、ラジェット式の荷締めベルトが1本必要です。100円ショップで400円商品として販売しているもので問題はありません。

通常は、弓を両方均一に曲げながら弦をかけますがこの方法は片側ずつ曲げます。したがって限度が分らず必要以上に曲げると弓が折れます。慣れるまでは十分な注意が必要です。

それでは実際の手順説明します。

クリックすると画像が拡大します。

 

1、他の組立ページを参考にして弓の取り付けまでを行います。
弓を取り付けたクロスボウの片弓に荷締めベルトをつけてストックの後ろを通し反対側に固定し少しずつ弓を曲げていきます。
曲げすぎると弓が折れます!注意してください
クロスボウ弦張り1

2、弦を引っ張るとこの位置くらいに来るまで弓を曲げます。これ以上片弓だけ曲げるのは危険です。
また、弓をかけているベルト(ここでは黒い紐をつけていますが)の中を通して弦を持ってきます。これを通さないと後でベルトが抜けません。注意です!
クロスボウ弦張り2

3、弦を通したままクロスボウを持ち弓を荷締めベルトで締めている方と反対側の弓を床に押し付けます。床が滑りやすい場合はゴムパットを敷くなどすべりにくい対策をしてください。また床に強い力で押し付けますので床に傷や凹みが出来る可能性がありますので注意してください。
反対側の弓に体重をかけながら少しずつ曲げていきます。
曲げていくと弦が締めている弓に届くようになります。
クロスボウ弦張り3

4、弦が届いたら反対側の弓にかけます。そしてゆっくり体重をかけている弓を戻していきます。これでもう弦はかかりました。
クロスボウ弦張り4

5、弦を通しているのでベルトを外したらこれを抜くだけです。
クロスボウ弦張り5

クロスボウ弦張り6

クロスボウ弦張り7
6、完成です!
クロスボウ弦張り8

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

1件のコメント »
  1. 凄く参考になりました!!
    ありがとうございます!!

    Comment by wewe — 2017年5月16日 12:57
コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード