変換マウントの取り付け

クロスボウのマウントレールは標準で付いているものは10~13mmのものがほとんどです。
最近では20mm標準のものも増えましたがまだまだ圧倒的に10mmが多いです。

となるとスコープやドットサイトをつけようとする場合に問題が発生します。

それは・・・10mm対応の商品がほとんど無い!または10mmのリングでは合わない場合がある!
などです。

あせってもしょうがありません。変換しましょう!

今回紹介するのはこれ

WW-20M1 10mm→20mm変換マウント

変換マウント

です。

しかし問題は機種によりマウントの形状や大きさがまちまちですべての商品にそのまま付くということはありません。
そのまま付けばラッキー!機種により加工が必要になることは覚悟してください。

しかし、150ポンドシリーズリカーブは現在のところ確認した段階ではほぼそのまま付きます。

つけ方はプラスチックハンマー(100円ショップなどで売っています)で軽く叩きながら入れます。きついので折らないように注意しながら入れてください。
万が一折れてしまってもそのまま順にいれれば問題なく使用できる場合がほとんどです。

問題は、全く入らない場合やゆるゆるの場合です。
ピストルクロスボウはそのまま入ると思わない方が良いです。
まず加工が必要になります。

たとえば50・80A1やA3などは少しゆるいと思いますのでボンドなどで固定する必要がある場合がございます。

80A4は数ミリマウントが大きいため本体のマウントを削る必要があります。少しきつい程度に削ります。形状は壊さないように。

変換マウントを削らずに必ず本体側を削ってください。

ちなみにこのマウントはクロスボウユーザー以外にも多く売れています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード