なんか変!弦がかからない!

組み立てたけど弦を思いっきり引いても弦が最後まで行かない・・・

購入時そういった経験をしたことがある人は多いと思います。
力がないだけで引けないこともありますが、よく見ると写真の部分がこのような形状になっていることがあります。
(クリックすると拡大します)
クロスボウロック
これをみて不良品????と思う人はなかなか鋭いですが実はそうではありません。
購入時初回や発射後に写真のような状態になることがあります。
このままでも引けますが、この状態ですとかなり固くなっているので引くのが大変な場合があります。

その場合の対処法です。
購入時初回一回は行った方が良いです。
柄の細いドライバーなど固く細い棒状のものを準備します。
マイナスドライバー

これを写真のように隙間に入れます。

トリガーのロックである、
「安全装置」を「解除」にしてドライバーを上に引き上げます。
※通常は安全装置を「前(FIRE)」にすると解除になります
※2014年より安全装置を解除しなくてもコッキングできる機種が出てきています(最下部参照)

カチャンとドライバーが通過すれば終わりです。

弦が通過するのが楽になります。

 

クロスボウリターンロック

 

★安全装置を解除しなくてもコッキングできる機種について★

「安全装置を解除してからコッキングする」事が通常でしたが、
2014年あたりから
「安全装置の解除をせずにコッキングできる機種」が出てきています。

PL(PerfectLine、PoeLang)社製のジャガークロスボウが徐々に
「安全装置の位置に関係なくコッキングできる」タイプになっているようです。

このタイプの場合、
弦をコッキングする前には「安全装置自体が動かない」です。
※コッキング前にはトリガーが引ける(将来仕様変更になる場合があります)

弦が正常にコッキングされれば自動的に安全装置がロックされます。
※安全装置がロックされるとトリガーは動きません
※矢を装着せずに発射行為をする「空撃ち」は絶対になさらないでください

2014年時点ではまだまだ「安全装置を解除してからコッキング」するタイプが多くありますが、新タイプのような場合もありますので、弦のコッキング前に安全装置が動かないと慌てる必要はございません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード