メンテナンスに使う潤滑剤

クロスボウのメンテナンス箇所は

・各ボルト類の締め付け
・コンパウンド仕様の場合は滑車
・トリガーとその内部
・レール
・弦・ケーブル


・防錆のため金属部分すべて

について行いますが、この際に防錆、潤滑のため潤滑剤の利用を行います。

潤滑剤といえばcre-556などが思い浮かびますが、クロスボウはシリコンスプレーを使用するのが良いとされています。

弦、レールはワックスです。

シリコンスプレーは各メーカーからさまざまなものが出ていますのですぐに見つかるはずです。

クロスボウメンテナンス

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ






CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

防犯グッズの販売店ボディーガード